ステップ6 - 手順化

製品紹介6ステップ > ステップ6

◆目的 「~の手順はどうすべきか」
◆キーワード 「5W1H」
◆心の姿勢 「技術者・実務家のように」
◆考え方 さていよいよ実施計画
 解決策が立案できるといよいよ実施計画を作ります。策だけでは実行できません。策から計画へ歩みを進めるのです。いつ、どこで、誰がといった具体的な役割分担を決めないと、現実には実施に移れません。この時に大切なことは、実施は結局人間がやるということです。この問題解決に携わる人々すべてに理解と納得が必要です。人間は理解だけでは行動に移りません。感情の動物である人間には”納得すること”が大事なのです。
◆手順(情報収集の方法)
アプローチ
  • 作業単位ごとに記述する
  • 作業単位を時系列的手順で考える
  • 必要な時間・費用・資金を見積もる
  • 各人の役割分担を決める
  • 効率一辺倒ではなくヒューマニティを考慮する
方法
◆適する手法

<前のステップへ