ステップ2 - 現状分析

製品紹介6ステップ > ステップ2

◆目的 「~の現状はどうなっているのか」
◆キーワード 「現場を見るに・・・」
◆心の姿勢 「科学者・記者のように」
◆考え方 客観的事実による
 このステップは問題把握と異なり、現状を冷静に直視しなければなりません。自分がどう考えていようと、どうあって欲しいと望んでいようと、まず、ありのままの現実を客観的に分析することが、このステップでは最も大切です。
◆手順(情報収集の方法)
アプローチ
  • 現場で観察する
  • 過去のケースを調べる
  • 文献・資料を調べる
  • 関係ある人に聞く
  • 関係ありそうな人にも聞く
方法
◆適する手法
◆関連項目

<前のステップへ 次のステップへ>